うつ病を治すためには周囲の人の接し方を変えなければなりません

うつ病と正しく向き合うために
婦人

うつ病の症状と原因

うつ病は何が原因になって起こり、どのような症状が出る病気かご存知でしょうか?うつ病には原因となる三つの要素と、精神面と身体面の両方の症状が出ます。うつ病が起こる原因である周囲の接し方などを取り上げ解説しています。

View Detail

相談

うつ病には種類があります

うつ病は一つの病気ではなく、複数の病気を含んだ総称です。各うつ病の種類と特徴の違いを理解することが必要です。そして、それぞれのうつ病に適した接し方を理解することにしましょう。

View Detail

医者

うつ病治療中の接し方

うつ病を治すためには、医師やカウンセラーの治療だけではなく、本人と周囲の理解が必要です。うつ病治療の仕組みと、うつ病になった人への接し方を正しく学んでいきましょう。

View Detail

悩む人

家族を支える方法

もしも家族がうつ病にかかってしまったとしても、患者本人や自分自身のことを責める必要は何もありません。ただ医学的に正しい接し方を心がけていれば、それでよいのです。

View Detail

カウンセリング

カウンセリングの受け方

うつ病を治すためには、専門のクリニックでカウンセリングを受けることも必要です。カウンセリングの方法や効果、カウンセリング中の接し方、あらかじめ備えておいた方がよいことについて知っておきましょう。

View Detail

うつ病を治すのは接し方

悩む人

最初に知っておかなければならないこと

まず最初に、これだけは断言させて下さい。うつ病はけっして本人の甘えでもなければ、一生治らない不治の病でもありません。ゆっくりと理解を深めて療養していけば治せる病気なのです。本人の意志が弱いと責めても何の意味もありません。それはただ間違った認識であるだけではなく、うつ病になってしまった人を追い詰めてさらに病状を悪化させてしまう、完全に間違った接し方なのです。ですから、その間違った認識は今すぐに捨ててしまいましょう。これは周囲の人だけではなく、本人にとっても大切なことです。うつ病は適切な知識と接し方をもって対処すれば、きっと治すことが出来る病気なのです。うつ病を治すためには本人と周囲の人達が、あやふやなイメージではなく、きちんとした治療法を理解する事が必要です。それさえ守っていれば、もう悲観することは何もありません。深刻になってしまったり、気負ったりしてしまったりすることは、とてもよくない接し方です。

うつ病を治す接し方を心にきざみましょう

一つ一つ理解して、少しずつ元気を取り戻していきましょう。もう一度言います。うつ病は本人の意志のせいでおきる問題ではありません。他の病気と同じように、治すことが出来る病気なのです。うつ病を癒やすには、接し方が特に大事なのです。自分なりの励まし方や接し方をする前に、医学的に正しいと認められた治療の仕方と接し方を、こころに深くきざんでおきましょう。