うつ病を治すためには周囲の人の接し方を変えなければなりません

男性

家族を支える方法

悩む人

もしあなたの家族がうつ病になったら、どのような接し方をすればよいのでしょうか。まずはうつ病の治し方と、患者への接し方を深く知ることが大切です。うつ病への理解が進んできている現在でも、うつ病を甘えだと思っている人がいます。しかしそれは間違いです。そういう偏見からあなたの家族を守るためにも知識が必要なのです。

まず大切なのは本人と一緒に病院へ行き、うつ病の説明聞くことです。自分では正しい対応をしているつもりでも、専門家からみると誤った接し方であることがほとんどなのです。治すために何が必要なのか、本人と一緒に理解を深めることが大切なのです。

そして次に大切なのは生活をサポートすることです。家事や病院への送り迎えなど、休養に必要な状態を整えることを意識しましょう。うつ病は精神面でも体調面でも、今までどおりの生活を行うことは困難です。そのため生活を支えてくれる人がいることが何よりも大切なのです。

また心配だからといって良くなる前から励ましたり、気晴らしに誘ったりすることは逆効果になってしまいます。うつ病は脳に疲労が溜まってしまった状態です。疲れ切っている状態では、どんな接し方をしても逆効果になってしまうのです。そのため、まずは休養をしっかりとり体力を回復させることに専念させてあげましょう。

うつ病は判断力が低下してしまうので、何気ない質問でも大きな負担になってしまいます。そのため、夕食の献立なども本人の希望に任せるのではなく、ある程度決めてから提案するなど配慮をこころがけてあげましょう。