うつ病を治すためには周囲の人の接し方を変えなければなりません

男性

うつ病には種類があります

相談

「うつ病」という名前で一つにくくられてはいますが、実はそのなかにはいくつかの種類が含まれています。代表的なものとして、大うつ病性障害・双極性障害・新型うつ病・仮面うつ病などの種類があります。うつ病とは抑うつ状態を引き起こす病気である大うつ病性障害や、気分変調性障害といういくつかの病気をまとめた総称であり、そのため多くの種類があるのです。またこれらはあくまでも代表例であり、その他にも多くの気分障害がうつ病の一種とみなされることもあります。それらの違いを理解して、適切な接し方を理解できるようにしておきましょう。

「大うつ病性障害」はうつ病の基本であり、狭い意味でのうつ病はこの大うつ病性障害のことを指しています。気分が落ち込んだままになってしまう抑うつ状態であることが、基本的な特徴であり診断の必須条件です。また興味や喜びの減退があり、さらに他の気分性障害などの条件を満たしていない場合は、大うつ病性障害と診断されることになります。うつ病と言われて想像するのは、ほとんどの場合この大うつ病性障害であると言えるでしょう。発症数もうつ病のなかで最も多く、代表的なうつ病となっています。年々発症数が増えており、誰しもがかかる可能性があるため、接し方への理解が絶対に必要になる病気です。

次によく取り上げられるのが「双極性障害」です。双極性障害は、うつ状態と躁状態の両方があらわれます。躁状態は、うつ病とは逆に気分が極端に興奮した状態になってしまう状態です。躁状態が軽度である場合には、一時的に調子が良くなっているだけであると思ってしまいやすく、大うつ病性障害など、他のうつ病と誤診しやすいという特徴もあります。また躁状態は気分が高揚するため良い状態だと思われがちですが、極端な興奮状態と誇大妄想などにより、周囲への接し方が横暴になったり、衝動的に犯罪行為に走ったりしてしまうこともあります。また躁状態から抑うつ状態へ移行すると、極端な気分の変動のためにより苦しくなってしまい、躁状態との移行期などに自殺などの極めて深刻な行為をおこしてしまうことが多くなってしまいます。

「新型うつ病」は「非定型うつ病」とも呼ばれている病気で、大うつ病性障害などの従来のうつ病に当てはまらない条件が多いという特徴があるため、それらの名前で呼ばれています。抑うつ状態が比較的軽度であったり、期間が短く一日の特定の時間帯などにあらわれたりすることが多いです。また新型うつ病で基本となるのが気分反応性です。従来のうつ病では常に意欲が減退した状態ですが、新型うつ病では興味があることや楽しい場面では、抑うつ状態から回復します。そのため従来のうつ病以上に怠けているだけだと誤解されがちなのが、新型うつ病の治療を妨げる原因になってしまっています。そのため他のうつ病以上に周囲の接し方の理解が必要となるうつ病であると言えるでしょう。

「仮面うつ病」は精神面の症状があまりあらわれずに、身体面の症状がよくあらわれることが特徴であるうつ病です。うつ病の基本である抑うつ状態が目立たないために、他の病気であると思い込んでしまうことが多く、他の病気の仮面をかぶっているようなうつ病であるため、この名前で呼ばれています。精神面の不調もあらわれてはいるのですが、体調不良からくるものだと思い込んでしまうため、他の病気であると誤認しやすいのです。自律神経失調症の症状と誤認されやすいため、他の診療科を通院してもいつまでも良くならない場合は、心療内科で診療を受けてみると良いでしょう。