うつ病を治すためには周囲の人の接し方を変えなければなりません

男性

うつ病治療中の接し方

医者

うつ病の治療はまったく同じ方法をとるのではなく、本人がおかれた状況を考慮して、少しずつ進めていくことが必要です。そのため、医師から患者本人への接し方だけではなく、周囲の人たちの接し方の理解も必要です。また、うつ病を治すためには接し方だけではなく、患者本人と周囲の人たちが治療法を正しく理解していることが必要です。一般的な精神論などの接し方ではうつ病の治療には役に立ちません。あくまでも病気として知識にもとづいて対処することが求められています。そのために正しい治療の方法と、本人と周囲の人が注意しておくべきことを説明していきます。

うつ病の治療には、抗うつ剤というお薬を服用することが必要です。しかし、中には薬に不信感を抱いて勝手に飲むのをやめてしまう人がいます。特に男性患者は女性患者と比べると、自分の勝手な判断で薬を飲むこと中止してしまったり、薬の量を減らしてしまったりする人が多くいるようです。抗うつ剤は少しずつ脳内のバランスを整えなおすために用いるものです。途中で勝手に量を変えてしまうと副作用が出てしまい、治るのはそれだけ遅れます。処方された薬に不安や問題があるときは、自分の判断で中止するのではなく医師と相談しましょう。

うつ病を治すためには、あせらずにゆっくりと休養をとることが特に大切です。長い間休んでいると、あせりがでてきてしまったり、不安になってしまったりすることも多いでしょう。ですが、長い目で見れば人生には休息をとる時間が必要なのです。うつ病になったのは、今まで気づかないうちに頑張りすぎていたからなのです。これまで取るはずだった休息をまとめて取り直しているのだと考えましょう。これからの人生を健やかにすごすために、全身の体調を整える充電期間なのです。休息の時間は決して無駄なものではなく、絶対に必要なものなのです。

最後にうつ病を治すためには、カウンセリングや認知療法などの精神療法を用います。カウンセリングと言われると、悩みごと相談のようで何を話していいのか分からないと考えてしまったり、そんなことでは効果がないだろうと思ったりする人もいるでしょう。ですが、うつ病には認識を変えることも大切なのです。体のゆがみが体調不良を悪化させるのと同じで、うつ病も認識のずれで病状が悪化していることが多いのです。少しずつトレーニングをすることで次第に健康に近づくように、認識を少しずつ変えていくことで自分でも気づかぬうちに回復に向かっていくのです。